株式会社 共立電機製作所|配電盤・キュービクル・道路灯・トンネル灯・公園灯・ソーラー街灯・バッテリー式投光器・LED蛍光灯・高天井用照明・投光器
株式会社共立電機製作所
お問い合せ サイトマップ
トップページ 会社案内 商品ラインナップ 製造ライン 納入実績 採用情報
米良電機産業株式会社
株式会社共立電照
都光電機産業株式会社
さくら電機産業株式会社
株式会社くまもと電設資材
有限会社互社商事





貯金は使えば使う程減るが
技術と頭は 使えば使う程冴えて行く

5項目を忠実に実行すればする程

向上してゆく
               (2010.4.10(土)共立入社式にて 米良充次)




⇒googleマップで詳しく見る

【名称】株式会社共立電機製作所
【代表取締役社長】米良 充典
【住所】〒880-2215 宮崎市高岡町高浜1495番地55
【交通アクセス】宮崎空港よりタクシー 40分 (4,500円)
                   宮崎駅より車 30分 (3,500円)
※ 朝夕の混雑時は、状況が異なります。

【代表】TEL:0985-72-7880  FAX:0985-72-7881
【配電盤設計】TEL:0985-86-6855 FAX:0985-86-6856
【URL】  www.kyouritsu-denki.com/
 
役  員
代表取締役社長 米良 充典 代表取締役副社長 船ヶ山 保幸
代表取締役専務 米良 充朝 取締役会長 米良 充次
取締役常務 金丸 博保 取締役 米良 充由
  【本社】 〒880-2215
宮崎市高岡町高浜1495番地55


  【工場】
〒880-2215
宮崎市高岡町高浜1495番地55
【代表】TEL:0985-72-7880  FAX:0985-72-7881
代表E-mail : kyouritsu@nag.bbiq.jp
【配電盤設計】TEL:0985-86-6855 FAX:0985-86-6856
配電盤設計E-mail : kyosekei@nag.bbiq.jp
住  所 【大阪支店】 〒553-0001
大阪府大阪市福島区海老江5-1-1  さくら野田ビル4F
TEL:06-4256-8541 FAX:06-4256-8551
E-mail : hakyorit@basil.ocn.ne.jp
【東京本店】 〒143-0012
東京都大田区大森東四丁目19番7号
TEL、FAX:03-5763-1023
E-mail : kyouritsu.hashimoto@gmail.com
【福岡支店】 〒814-0032
福岡県福岡市早良区小田部1丁目10番25号
TEL:092-832-1414  FAX:092-832-1416
資本金 2,200万円
従業員 営業社員  10名
技術社員  35名
工員     110名
事務員     15名
概要及び褒章その他 イ)(社)日本配電盤工業会員(全国評議員、九州支部理事)
ロ)(社)日本配電盤工業会の品質保証体制推進協議会に加盟
ハ)(社)日本電気協会員
ニ)科学技術庁長官賞受賞
ホ)米良充次 勲五等双光旭日章 受賞(平成8年秋)
ヘ)ISO9001:2008/1998年登録取得し現在に至る
ト)ISO14001:2004/2011年登録取得し現在に至る

資格一覧 資格者数
1級電気工事施工管理技士 9
2級電気工事施工管理技士 6
1級管工事施工管理技士 1
2級土木施工管理技士 1
第3種電気主任技術者 3
第1種電気工事士・電気工事士 32
第2種電気工事士 37
1級電気機器組立技能士 18
2級電気機器組立技能士 9
1級電気製図技能士 3
2級電気製図技能士 14
1級配電制システム検査士 3
2級配電制システム検査士 2
2級金属塗装技能士 1
1級塗装技能士 1
2級機械組立仕上げ技能士 1
技能マイスター 2
1級シーケンス制御 1
2級シーケンス制御 3
2級機械保全技能士 2
半自動溶接適格性技能者 17
酸素欠乏・流化酸素危険作業主任者 4
アーク溶接 41
粉じん 2
工事担任者 デジタル第2種 1
工事担任者 アナログ第2種 1
クレーン・デリック運転士 3
クレーン運転特別教育(5t未満) 17
小型移動式クレーン 10
高所作業者運転技能講習(10m以上) 32
床上操作式クレーン運転技能講習 2
玉掛(1t以上) 43
乾燥設備作業主任者 2
普通第一種圧力容器取扱作業主任者 1
プレス機械作業従事者 1
有機溶剤作業主任技術者 2
産業用ロボットの教示等の業務 4
振動工具取扱作業者 1
ガス溶接 48
自由研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育 13
給水装置工事主任技術者 1
小型建設機械特別教育修了 3
フォークリフト(1t以上) 19
大型特殊自動車免許取得 2
大型自動車免許取得 5
AI・DD総合種 5
DD第三種 4
甲種防火管理者 3
消防設備士 甲種第4類 3
消防設備士 乙種第4類 3
危険物取扱者 乙1類 6
危険物取扱者 乙2類 5
危険物取扱者 乙3類 4
危険物取扱者 乙4類 18
危険物取扱者 乙5類 6
危険物取扱者 乙6類 5
危険物取扱者 丙種 9
危険物取扱者 甲種 1
二級ボイラー技士 9
建設業経理事務士 2級 3
日本商工会議所簿記2級 3
第1種衛生管理者 3
安全管理者選任時研修 3
職長・安全責任者教育 47
照明士 16
照明コンサルタント 23
2017.9月現在

事業内容

下記設計、製作、据付施工
●キュービクル式非常電源高圧受電設備(認定品)
●キュービクル式高圧受電設備(推奨品)
●非常用配電盤、分電盤等(1種、2種認定品)
●高低圧配電盤、自動制御盤、空調制御盤、集中監視盤、分電盤
●コントロールセンター、プラント制御盤、トンネル自動調光盤
●LSI、IC使用制御盤
●コンピューター制御装置(管理用、制御用、照明用)
●コンピューター用定電圧定周波電源装置、端子盤、プルボックス
●配線ダクト、ケーブルラック、電気室保護金具
●電気工事、受変電設備、防災設備の設計施工
●上下水道、終末処理場等のプラント事業
●冷暖房及び空調に関する工事、並びに機器販売業務
●「省エネ」コンサルタント業務(変電設備、照明設備、動力設備)
●農業、畜産用機器の製作販売
●環境事業・LED照明の開発・製造・販売


施設
土地総面積 35,203.19m2 建物面積 延14,312.86m2
管理棟 2,304m2 総務部・設計部(CAD/CAM/管理CPU)
加工工場 2,880m2 製缶部 配電盤等の溶接加工工場、NCアイアンワーカー・自動溶接機
加工部 CNC全自動パンチプレス、CNCCレーザー加工機
          シャーリング、ベンダー
サルバニーニ (ファイバーレーザーカッティングマシン・パネルベンダー)
塗装工場 1,296m2 塗装前処理工場,前処理りん酸処置装置、ロボット塗装機による自動ライン工場
配線工場 4,176m2 自動制御・分電盤の組立・キュービクル式高圧受配電盤組立配線工事
500基生産可能
検査設備   6KV試送電3回線、80KVインパルス試験装置、温度試験装置、噴流試験装置、変電所向け各試験装置一式、その他の装置
研究・技術   研究開発に伴う弱電設備機器(高周波アナライザー等)
LED工場 1,728m2 加工部 レーザー加工・パイプレーザー・ベンダー
製缶部 自動溶接機・ロボット溶接機
組立部 クリーンルーム  フィールド試験場
検査部 全光束測定装置・配光測定装置・高温高湿試験装置
         塩水噴霧試験装置
【本社】
 
【工場】

御指定及び
主要納入先
国土交通省
厚生労働省
文部科学省
法務省
防衛省

北海道
青森県
岩手県
宮城県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
岡山県
広島県
山口県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
宮崎県内市町村
宮崎県経済連
宮崎県内各設計事務所
宮崎県外大手設備事務所
宮崎県外大手電気工事業者全般
宮崎県内電気工事業者全般
宮崎県内外空調衛生工事業者
宮崎県内大手工場
宮崎県外大手工場
鹿児島県
鹿児島県内各市町村
沖縄県










昭和42年 5月 資本金200万円をもって、有限会社共立パネル製作所を設立。宮崎市に新設創業する
昭和48年 7月 資本金550万円に増資
昭和49年 4月 (社)日本電気協会認定「キュービクル式高圧受電設備推奨規定」第252号推奨
昭和51年 2月 工場を宮崎市赤江飛江田工業団地に新設前面移転する
昭和51年10月 組織変更により株式会社共立電機製作所に改名
昭和54年10月 (社)日本電気協会認定「キュービクル式高圧受電設備認定規定」共用第154号認定
昭和58年 6月 塗装前処理装置を新設、第1工場を集約し完成する
第2工場「高低圧受電盤組立工場」を増設
昭和60年11月 資本金2,200万円に増資
昭和61年10月 第3工場「制御盤組立工場、検査室、開発室」を増設
昭和61年 8月 宮崎県地域産業技術改善費補助の交付を受け「音声合成、入力出力装置のLSI使用型簡易装置」の開発研究を行う
昭和62年10月 宮崎県総合農業試験場と共同開発製品「ASC(オートスプレーカー)」完成、販売開始
昭和63年 8月 通産省技術改善費補助金の交付を受け「畑地農業水高度利用システム」の研究開発を行う
平成 2年 5月 労働基準監督署より安全衛生指定工場に指定される
平成 3年10月 労働基準監督署の指導により塗装工場を新設し安全衛生な全自動塗装ラインを完成
平成 3年12月 全自動CNC加工ライン導入とCAD/CAMの確立を行う
平成 5年 4月 認定キュービクルの確立拡大の為、80kVインパルス試験装置を設置
平成 5年 6月 科学技術庁長官賞受賞「ASC(オートスプレーカー)」
平成 6年 8月 管理棟(3F)を完成させ、資材、設計部を充実し、品質管理を図る
平成 7年 4月 検査設備の充実を行う。受変電設備、検査器具すべて設置
平成 8年 9月 第5工場「キュービクル専用工場」を増設
平成 9年 4月 (社)公共建築協会(建設大臣官房官庁営繕部長監修)より配電盤全機種の機材評価認定
平成10年 4月 みやざき新技術共同開発事業(5社共同3ヶ年事業)認定
平成10年10月 宮崎県中核企業育成支援補助金事業(3ヶ年事業)認定
平成10年12月 (財)宮崎銀行ふるさと振興基金より産業開発部門で表彰される
平成11年 1月 塗装工場リニュアル工事・粉体自動塗装ライン導入
平成11年 8月 塗装工場リニュアル工事完了・前処理自動化完了
平成11年 8月 関西地区拠点神戸営業所を開設
平成12年10月 ISO9001登録取得
平成14年 5月 第3工場に九州初のレーザー加工機全自動システムを導入
平成14年10月 ISO9001 2000年度版登録取得
平成18年 9月 工場内大改修工事
平成18年12月 第4(高圧)工場新築工事
平成19年 3月 太陽光発電所設置60KW(NEDO)
平成19年 6月 清武町へ太陽電池時計1台、取付ポール1台寄贈
平成20年 1月 環境事業・LED照明街路灯他の開発を開始
平成20年 3月 関東地区、関東支店開設
平成20年12月 九州経済産業局21年度新事業活動促進支援事業決定
平成21年 2月 関西地区、大阪支店開設
平成21年 8月 LED部門を別会社として資本金2,000万円にて(株)共立電商を設立
平成21年 9月 日本初トンネル向LED照明納入:宮崎県国道219号線板谷トンネル50W56灯納入
平成21年度 全工場LED照明へ変更
平成22年 3月 第6工場:LED照明工場・高低圧受電盤組立工場を増設
平成23年 2月 国道327号野地トンネル全LED照明(入口照明含む)納入
平成23年 4月 ISO14001登録取得
平成24年 1月 第二東名高速道路 浜松工事事務所管内トンネル照明灯具納入
平成24年 1月 首都圏中央連絡自動車道 八王子工事事務所管内トンネル照明灯具納入
平成25年 12月 工場を宮崎市ハイテク工業団地(宮崎市高岡町)に新設「三高テクノ工場」へ
平成27年 4月 三高テクノ工場Ⅱ期工事竣工。

2010年度 品質方針




  1. 心の株主で工夫と改善
  2. 5項目の実行と継続で品質向上
景気の停滞により我々の建設業も大きな影響を受けている中、健全経営を継続し地域貢献と社員の生活を維持していく為には、全社員が一丸となって、現状の難局を乗り越えて行く必要が有る。その為には、受注額の確保が第一条件。永遠のテーマで有る上記2項目を品質方針として定め、顧客満足度を高め、健全経営を目指す。

具体的な内容
  1. 基本ルールとは、5項目と4つの実行内容である。
    5項目:誠実・正確・工夫・積極・報告(報告・連絡・相談・質問)
    4つの実行:教える→やらせる→確認してやる→褒める→この繰り返しで向上
  2. お客様満足とは、コスト力があり、早く、良い製品を作る、ことである。
    ハード面・ソフト面、共に同じ条件である。
  3. 要求項目とは、顧客要求事項(主に仕様書・原設計・打ちあわせ事項)・法令・規制・要求(建築・消防・電気関連・JIS・JEC・JEM・仕様書・指導書他等)のことである。


当社は、CSR活動を推進するにあたり、社是である

育人・敬客・愛品』、

また創業者である米良充次の

当社は誠実心をもって正確な仕事を持続できる社員の為に存在し、それがお客様と社会報恩の道に繋がる

という指導の2つの理念を実現するべく日々の企業行動に徹しております。

併せて当社は社会の一員である事を深く認識し、透明な企業活動・良識ある市民として環境への配慮も怠ることなく、環境、生命、食に対する社会貢献への道を継続していく所存であります。
 

環境方針
株式会社 共立電機製作所は、環境保全は企業の社会的責任であると認識し、製造活動及び関連する業務において、環境汚染の予防や自然生態系の保護に努めるために環境負荷の低減に取り組む。
当社は以下の事項を実行する。
  1. 著しい環境側面と特定した項目に対し、環境汚染の予防、環境負荷の低減に取り組み、無駄な資源、エネルギーを軽減する。
  2. 当社の活動に関連する環境の法規制、当社が同意したその他の要求事項を順守する。
  3. 環境に関する目的、目標及び年度計画を設定し実行する。これを、継続的に改善し、汚染の予防に努める。
  4. 環境保全の為に環境マネジメントシステムを構築し、見直し、改善を継続する。
  5. この「環境方針」は、社外にも公表する。

株式会社 共立電機製作所 ─ 技術と感性がひとつになった時、新たな可能性への挑戦がはじまる ─
 〒880-2215宮崎市高岡町高浜1495番地55 TEL:0985-72-7880 FAX:0985-72-7881
共立電機製作所TOPへ
会社案内
会長ごあいさつ
会社概要
有資格者
事業内容及び施設
主要納入先
沿革
CSR(企業の社会的責任)
品質への取り組み
環境への取り組み
社会貢献活動
研究開発
研究開発(テクノロジー)
特許
意匠登録
実用新案登録
商標登録
認定
商品ラインナップ
配電盤
LED
配電盤納入実績
官公庁─ 関東
    ─ 中国・関西
    ─ 九州
    ─ その他
民間 ─ 関東
    ─ 中国・関西
    ─ 九州
    ─ その他
LED納入実績
製造ライン
配電盤(キュービクル)の
  製造ライン

LEDの製造ライン
採用情報
お問合せ
サイトマップ
管理者ログイン
米良企業グループ
米良電機産業株式会社
株式会社共立電機製作所
株式会社共立電照
都光電機産業株式会社
さくら電機産業株式会社
株式会社くまもと電設資材
有限会社互社商事
九州通信弱電システム株式会社


copyright(c)2012 株式会社共立電機製作所 All Right Reserved.